ログイン
続きッす@、 リク・コメ待ってまぁす∀
主人公の名前を変更
名無し →
Moonlight
Moonlight-3-
◇触れたい





どうして?





君を抱きしめようとするたび





君は姿を消すの…?






俺の想いだけを焦がしてる―…


-----------------------------------





学校いったって名無しはいないし





楽しいこともないし…




涼:お母さん…



母:なに?涼介



涼介:俺―…学校辞める…




母:なに言ってるの?これからの将『分かってる―




涼:分かってる…でも…もう俺辞めるから…




母:ちょっと涼介!待ちなさい!!







学校…辞めた―…




これでいいよな?





名無し





お前に触れたい―…






でも今の俺じゃ何もできない。






せめて…





夢だけでも―







今夜もひとりで 夢におちる






名無し:涼介!逢いたかったよ―…




俺の名前を呼ばないで




微笑んでこないで





胸の中にこないで


涼:…っ…名無しっ―…




ほら―



また俺はこの腕を伸ばしている




抱きしめると君は消えてしまうのに―…





涼:消えないで!!名無し!






涼:…また―…夢なのか





俺の胸は濡れていた





君は泣いていたの?





俺はそれを考えるだけで





涙をこぼす…






涼:逢いたいよ―名無し…



◆NEXT◆


松村☆佳美ちゃん≫ありがとです(∀・)


キャンディー☆ミちゃん≫いらっしゃい(´ω`)∩
Moeka
  Moonlight-4-
  Moonlight-2-
Moonlight-1-
結果をツイート
小説 R18 Moonlight 山田涼介
累計:912 月間:1 週間:1
Powered by 作ろう!