実践記

あと97日|プロフ文全体設計AIDAの法則で作ってみた

今回はプロフィール文を作成してみます。

プロフィール文というと、簡単な自己紹介と考えがちですよね。

でも、よくよく考えてみると、相手は、プロフィール文からしか、こちらの情報を得られません。

ここで、興味を引くことができないと、スルーされます。

つまり、重要なつかみなわけです。

そこで、興味をもってもらうために、どう書くか?

試行錯誤しながら、プロフィール文を作成してみました。

読んで興味を持ってもらうためには

プロフィール文なんて、普通に書いてもなかなか目に留まりません。

読んでもらうには一工夫必要です。

読んで興味をもち、メールしたくなるように仕向けたい。

そこで、マーケティングの文章構成を使おうと思い立ちました。

マーケティングの文章の型は、PASONAの法則やAIDAの法則、AIDMAの法則など、多々あります。

何がいいのか迷った挙句、わからないのでChatGPTに聞いてみました。

すると、ChatGPTはいくつか候補を挙げてくれました。

どれにするか、考えようとも思ったのですが、検証に時間がかかりそうだったので、一番目に提示したAIDAの法則を使ってみます。

ChatGPTが推すAIDAの法則とは

AIDAの法則は、以下のA・I・D・Aの頭文字を取った構文です。

ポイント

Attention(注意を引く): 興味深い見出しや引用句を使用して、読者の注意を引きます。

Interest(興味を引く): 自己紹介や興味深い事実を共有して、読者の興味を引きます。

Desire(欲望を喚起する): 自己の価値やスキル、興味を持っていることを強調し、読者に共感を呼び起こします。

Action(行動を促す): 連絡先やSNSのリンクを提供し、読者がコンタクトを取りやすいようにします。

この型に自己紹介やメッセージをあてはめて、プロフィール文を作ります。

自己紹介と伝えたいメッセージ

プロフィール文の元になるメッセージと自己紹介を考えます。

伝えたいメッセージ

メッセージは昨日考えた、以下の文章を使います。

既婚者で夫婦仲は悪くないけど、妻とはレスです。

大人の関係性がもてる人と、日常を忘れる時間を共有できたらと思っています。

毎朝ランニングで鍛えているので体力には自信ありです(^^;)

自己紹介

自己紹介は、今の自分の現状と、事実をもとに好印象を与える要素をピックアップしてみました。

  • 47歳既婚
  • 性格は優しくてユーモアがある
  • 女性からは話が上手、共感力があるといわれる
  • 出会い系サイトでセフレを探している

これを元に、プロフィール文を考えるわけですが、正直めんどくさい。

そこで、プロフィール文もChatGPTに投げてみることにしました。

AIDAの法則で作ったプロフィール文

AIDAの法則で作るようにChatGPTに投げて、それを加筆修正しました。

ChatGPTの作った原案

ChatGPTに投げた回答は、以下のような内容でした。

Attention(注意を引く)
「既婚の47歳、性格は優しくてユーモアがあります。女性からは話が上手で共感力があると言われています。」

Interest(興味を引く)
「夫婦仲は悪くないけれど、現在はレスの状況です。大人の関係性が持てる方と、日常を忘れる時間を共有したいと考えています。」

Desire(欲望を喚起する)
「私は毎朝ランニングで鍛えているので、体力には自信があります。一緒に楽しい時間を過ごし、ストレスフリーな関係を築きたいと思っています。」

Action(行動を促す)
「もし興味を持ってくださった方がいらっしゃいましたら、お気軽にメッセージをください。一緒に素敵な時間を過ごしましょう!」

悪くはないけど、ただあてはめただけという印象です。そこで、自分なりに加筆修正してみました。

加筆修正したプロフィール文

加筆修正したプロフィール文が以下です。

Attention(注意を引く)
「47歳の既婚者です。性格は優しくユーモアがあり、女性からは話が上手で、共感力があるとよく言われます。」

Interest(興味を引く)
「夫婦仲は悪くないけどレス状態です。それでセフレ探しに登録してみました。」

Desire(欲望を喚起する)
「一緒に日常を忘れ、新たな刺激を楽しめる大人の関係を築ける相手を探しています。ちなみに毎朝ランニングで鍛えているので体力には自信ありです(^^;)」

Action(行動を促す)
「もし興味を持ってくれたら、メッセージをください。一緒に楽しい時間を過ごしましょう!」

正直、完成度はイマイチです。

とはいえ、時間もないので、リライトしつつ進んて行きたいと思います。

-実践記