ログイン
今日は怪しい雲行き…
主人公の名前を変更
名無し →
JO1高校
JO1高校 7.裏庭
その日は突然やってきた。

放課後、いつものように生徒会室へ行こうと教室を出ると上級生の女子生徒が3人扉の前で立っていた。

女1「名無しっておまえだよな。」

名無し「…は…はい…」

女2「ふーん、ちょっとついてきて。」

私は抵抗することもできず、3人のついていくしかなかった。




着いた場所は裏庭だった。
いかにもな場所だなぁと思いながらもこれからどうなるのか大体の予想はついていた。


女1「おまえさ、最近目障りなんだよね。なに執行部の方たちの周りうろついてんの?」

女2「神聖な生徒会室に入んないでくれる?あそこはアンタが入っていい場所じゃないから」

2人の女がそういいながら私の方は近づいてくる。もう1人の女はそれを見ているだけだ。おそらくこの女が主導者なのだろう。

名無し「あの、執行部の方たちの許可はとって生徒会室に…」

女3「うるさいなぁ。おまえさ、執行部の方たちが本気でアンタのこと相手にすると思う?もう生徒会室に行かないっていいなよ。」

私は校舎の壁まで追い詰められた。
怖くて動けない。

名無し「…い…いや…です。」

女3「そ、じゃあ行けなくしてあげようね。」

私は恐怖でその場にうずくまった。その時

「おまえら、やめろ!」



声が聞こえた。

この声は…豆原先輩?

女2「えっ!?なんで豆原くんが!」

女3「やば!顔が見えないうちに逃げよ」

かなり動揺していた様子で先輩達はその場から逃げて行った。


豆「名無し!大丈夫か!!」

ミユ「名無し、けがない!?」

名無し「豆原先輩、ミユ…」

あまりの恐怖で足が震えて立ち上がれない。

豆「名無し、無事でよかった!!」

その時豆原先輩が私を抱きしめてた。
私は…豆原先輩の胸で泣いていた…
user_icon あいりん
  JO1高校 8.奪われた唇
  JO1高校 6.靴箱
JO1高校 1.入学
結果をツイート
JO1 夢小説
2020/07/30 21:42
累計:70 月間:70 週間:6

あなたにおすすめの作品

ジョジョ占い〜あなたのスタンド〜
あなたにスタンド能力が目覚めたら、どんなスタンドになるのか診断します。気に入る結果がでるまでどうぞ。(タイプ5種、能力40種+ステータス)(オンドゥル)
漫画 マンガ ジャンプ ジョジョ スタンド
部屋占い
あなたを部屋に例えて占います。(Hiro)
占い 言葉 部屋
ヤダ。*藤ヶ谷太輔*1
人のものだと思っても止められない…。この恋はイケナイ恋ですか?***太輔さんの短編です( ´艸`)(豹柄ピンク☆kissmexxx)
Kis-My-Ft2 藤ヶ谷太輔
北山くん、発情期!?#1
あったかくなってきたらこんな子になっちゃうの!?(☆ヒート☆)
藤北 北山宏光 藤ヶ谷太輔
name
いちゃいちゃ。(みーちゅ)
藤北 北山宏光 藤ヶ谷太輔
Powered by 作ろう!